10代は成長期なのでついつい食べ過ぎちゃう

10代の為のぽっこりお腹をへこませる方法は、成長ホルモンがまだ十分に出ている年齢であるために、それほど多くの運動を行わなくても、脂肪を燃焼させることが出来ます。

 

そのため気をつけることは、過食をしないことと適度な運動です。
10代は成長期であるために、極端な食事制限をすることは禁物です。

 

極端な食事制限は成長に必要な栄養の摂取をすることを妨げてしまうことになるので、しっかりとした成長をする為には、食事からバランスのとれた栄養素を摂取しなければなりません。

 

しかし食べ過ぎてしまうとぽっこりお腹の原因となるために、腹八分目程度にしておくことが必要です。
運動で大切なことは、有酸素運動や自重を利用したトレーニングです。

 

成長期であるために、極端に負担の強いトレーニングは、関節の成長を阻害してしまう可能性があります。
なので有酸素運度や自重トレーニングを行うことにより、それほど関節に対して負担をかけずに、体脂肪を燃焼させることが出来るのです。

 

 

ぽっこりお腹,10代,へこませる,方法

年代別ぽっこりお腹対策記事一覧

20代でぽっこりお腹が気になる場合、体型にもよりますが、カロリー面だけでなく、食べる内容に気を配った食事や運動が基本となります。これらは体内にある脂肪の燃焼だけでなく、溜めこまないための体作りの基本となるため、避けて通れないポイントです。食事面では、野菜などに含まれる食物繊維不足ではないか見直してみましょう。食物繊維はカロリーが無いために、たくさん摂取したとしても太る原因にはなりません。また食物繊...

有酸素運動の必要性30代女性がぽっこりお腹を解消するためには、何が原因でお腹が出ているのか、ということを確認しなければなりません。体脂肪が多くてお腹が出ているのか、それとも便秘が溜まっており、それがお腹が出ている原因になっているのか、ということを確認する必要があるのです。これにより解消法が変わってくるために、どちらが原因か、それとも両方なのかということを確かめましょう。体脂肪が原因の場合には、有酸...

40代の中年以降の多くの人の悩みは、何といっても代謝の低下による肥満でしょう。人生の働き盛りでもあり、何かと運動不足になりやすいのもこの年代です。したがって若い頃のように、スポーツなどの激しい運動によって、脂肪を燃焼させようとする試みは、挫折しやすいのです。ですが20代、30代と比較するとエネルギー消費や代謝が落ちる傾向にある40代の生活でも普段の動作や食事を意識することによってサポートすることは...

筋力が衰える傾向にある50代はお腹を意識して生活の中でお腹に刺激や負荷を与えることを習慣にするのがおすすめです。ポイントはお腹を意識して気がついたときにお腹をへこませることです。呼吸は、そのままでお腹だけへこませていくと本当にへこんできます。慣れてくると、無意識でもお腹をへこませていられます。あとは、やはり年齢的に体の筋肉が落ちてくるので運動をすることです。特別なことではなく、例えば歩く時は大股で...