皮下脂肪を落としてぽっこりお腹を解消する方法

ぽっこりお腹になってしまう原因は、お腹に皮下脂肪が溜まってしまうことが原因です。
食事から得られるカロリーが多いと、消費されない分は脂肪となってしまうのです。
この溜まってしまう脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分かれます。

 

内臓脂肪は、内臓の周辺についてしまう脂肪であり、生活習慣病などの原因になります。
しかしこの内臓脂肪は、溜まったとしても実は外見からでは判断することが出来ないのです。
そのためぽっこりお腹になってしまうのは、皮下脂肪が溜まってしまうことが原因なのです。

 

現代人に皮下脂肪がたまりやすい理由

消費カロリーよりも摂取カロリーが多い場合には、その余分に摂取したカロリーは体に蓄積してしまいます。
特にお腹の周りには、大切な部分であるために、脂肪が溜まりやすくなっているのです。
なので足や胸の周辺よりも、お腹に脂肪がつきやすくなってしまうのです。
またお腹は日常生活において、あまり使われることが少ない筋肉になっています。
特に現代人では、デスクワークが多いために、お腹を使って姿勢を支える、という習慣が無くなっているのです。
なので腹筋が弱ってしまい、余計ぽっこりとしたお腹になってしまうのです。
また交通機関の発達により、歩く機会が少なくなり、消費カロリーが少なくなってしまうことも要因です

 

ぽっこりお腹,皮下脂肪