4つのぽっこりお腹原因

  1. ぽっこりお腹の原因は、筋力の低下によって引き起こされることが多いです。

    下腹部の筋肉は意識をして運動をしていなかったり、いつも楽な姿勢ばかりしているとぽっこりお腹になります。

  2. 筋力の低下に応じて骨盤の歪みが起こることがあり、この骨盤のゆがみがぽっこりお腹の要因のひとつになります。

    骨盤がゆがむと骨盤の前にある内臓が下垂してしまって押し出されることが原因になります。

  3. 便秘の場合も下腹が出ることがあります。

 

上記であげたように、カロリー過多によりぽっこりお腹になるのも多くの原因です。

 

ぽっこりお腹は下腹部を鍛えて解消を目指す

ぽっこりお腹の解消のポイントは、下腹部を鍛えることが必要になります。
大腰筋は、姿勢や骨盤を正しい位置に導く筋肉になるので、鍛えるのがおすすめです。

 

ストレッチ法は椅子に座ったまま足を上げる運動をすると普段使っていない下腹部の筋肉を鍛えることができます。

 

普段の姿勢も大切で、意識して背骨を伸ばして椅子に座ったり、歩いたりするように意識したいポイントです。

 

ぽっこりお腹の原因と対策方法記事一覧

まず、仰向けになって両膝を曲げた状態で、両腕でしっかり抱え込みます。ゆっくりと息を吐きながら胸の方に膝を引き寄せて、頭を起こします。その状態をキープしたまま5回呼吸しましょう。これは基本的な運動であり、お腹に負荷がかかります。また、本や新聞などを読みながら手軽に行うことが出来るものに、足をバタバタさせるものがあります。うつ伏せになって寝転び、足の膝を曲げて踵がお尻にあたるように、バタバタとさせます...

ぽっこりお腹やメタボ解消の基本はやはり運動と食事の量を減らすことです。メタボになりやすい食生活は一日で消費するカロリーよりも、食事から得られる摂取カロリーの方が多い傾向にあります。なので消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくする必要があり、そのためには食事の量を減らすことが基本なのです。メタボ対策の食生活について食事の量を減らすときに大切なことは、主食の量を減らすことです。ご飯やパンなどを減らすこ...